アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

居酒屋の場合

オリオンビールと海ぶどう

居酒屋やバーなど、顧客が飲酒できる店舗を運営する場合はどのような注意点があるのでしょう。
飲食物を提供するということで、必ず必要なのは食品衛生法で定められた食品衛生責任者を1人以上置くことです。
食品衛生責任者は調理師や栄養士などの資格がいりますので、雇用上の注意が必要です。
そして、店舗を深夜も営業するのであれば、深夜酒類提供飲食店営業という許可を取る必要があるのです。
このような許認可の手続きもフランチャイズ本部の指導を受けることでクリアしやすい問題です。

フランチャイズ店
現在では多くの経営形態が有ります。
その中の1つであるフランチャイズと言う経営形態は言い換えると暖簾分けに等しい言葉です。
最近ではコンビニエンスストアや弁当店、居酒屋など多くの会社でフランチャイズ方式を採用している所が増えています。
チェーン展開しているお店の1つになるので個人経営のお店とは違って同じメニュー同じ値段、同じ様な外観や内装なのが特徴で基本的には経営資本が本部から提供される場合が殆どです。

チェーン店と異なる所
フランチャイズ店は本部からの援助が有って出店が許可されたお店です。
店舗の経営は殆どすべての事を任せられる事が多く、店長が仕入れやアルバイトなどの採用や教育など店舗運営に関するすべての事を行います。
本部は権利や経営ノウハウの提供を行います。
本部にとっては低コストで各地に事業展開を行いやすく、これは土地や店舗がある状態で加盟店が参入する事が有る為で取得に関わる時間や費用を大幅にカットする事が出来るメリットが有るからです。

開業について
居酒屋の経営で最も大事になってくるのが立地です。
どんなに安くて料理が美味しくても不便な場所ではなかなかお客さんは来てくれません。
都会で有ればどこでも良いだろうと言う考えでは甘く、地域によってはサラリーマンが多い地区、大学などがある学生などの若者が多い地域、住宅が多い地域などどんなお客をターゲットにしたいのかを考える必要があります。
大衆酒場の様な感じであれば会社の多いビジネス街が良いのかどうか、若者が好む様なおしゃれな感じで有れば学生街の様な所が良いのかを市場調査して競合店があるかどうかなどもチェックする必要があります。

開業する方法

飲屋街の入り口

自分で居酒屋を経営したいという場合には、そのための開店資金を貯蓄しておく必要があります。
物件契約に伴う契約金や賃料はもちろんのこと、設備や備品を整えるための費用が必要となります。
既に出来上がった居抜き物件を選ぶにしても、最低限のリフォーム費用がかかることになります。
開店前には宣伝のためにチラシを作ることになるので、そのための費用もかかります。
調理師免許を取得する場合には、学校に通ったり別の店で修行を積まなければなりません。

フランチャイズとは
居酒屋経営を行うためには、長い準備期間が必要になります。
そういった時間を短縮して短期間で店を持ちたいという場合には、フランチャイズを利用するという方法があります。
フランチャイズとは、事業展開の一つの方式です。
これは、経営に関する様々な恩恵を受ける代わりに売上の一部をロイヤルティーとして支払うというものです。
事業者本部と加盟店契約を行うことで、開業のための準備を全て行ってもらうことができます。
また、実務的なノウハウも伝授してもらうことができるため、未経験でも開業しやすいという利点があります。

フランチャイズとは
フランチャイズとは、大手の企業の一店舗として経営を行っていく営業方法です。
フランチャイズ方式として有名なのが居酒屋やバー、弁当店、コンビニエンスストアなどです。
主に飲食など、最前線で日々接客することが必要な業種に多く取り入れられている方式なのです。
大手企業が蓄積してきた経営や接客のノウハウの提供を受けることもできるので、居酒屋経営自体にあまり詳しくない人が起業するためのひとつの選択股となっているのです。

自主経営との違い
自分で一から起業する場合と、フランチャイズを利用するケースでは大きな違いがあります。
新しい店舗をはじめるということは、内装やオープニングスタッフの雇用、宣伝費などに莫大な量のお金がかかります。
特に飲食店関係では保証金の額が大きいので、銀行からの融資を受けなければ経営は困難です。
そんなときフランチャイズとして大手がバックについていると融資をしてもらいやすくなるのです。
店舗物件を探す場合も、本社が手配する土地を利用できるでしょう。